SnapGene
SnapGeneラーニング
製品トライアル版SnapGene Viewer

  

アガロースゲル電気泳動像

制限酵素処理したプラスミドをアガロースゲル電気泳動した場合に、どのようなバンドが出現するかをシュミレーションすることができます。

本チュートリアルはpcDNA3.1+/C-Myc を使用します。使用するデータは下記よりダウンロード頂けます。ファイルの読み込みはSnapGene基本操作:3.ファイルを読み込むを参照して下さい。

pcDNA3.1+ C-Myc Sequence and Map
Mammalian expression vector with a CMV promoter for expressing C-terminally Myc-tagged proteins.

www.snapgene.com

アガロースゲル電気泳動像をシミュレーション

ツールバーにある「ツール(T)」から「アガロースゲルをシミュレート(S)」をクリックしてください。

アガロースゲル電気泳動像をシミュレーション1

何も選択しないとスーパーコイル型の泳動パターンを、任意の制限酵素を選択するとそれに応じたサイズをシミュレーションします。

アガロースゲル電気泳動像をシミュレーション2

アガロースの濃度を変更したり、サイズマーカーの種類を変えたりすることもできます。

アガロースゲル電気泳動像をシミュレーション3

PCR用のプライマーを追加しておくと、PCRで増幅したフラグメントのサイズもシミュレーションできます。

アガロースゲル電気泳動像をシミュレーション4

チュートリアルで紹介した機能や操作方法に関するお問い合わせはお問合せフォームよりお願いします。