SnapGene
SnapGeneステップ・バイ・ステップガイド
製品トライアル版SnapGene Viewer

  

Vecotor NTIフォーマットのファイルをSnapGeneで開く

本ページでは、Vecotor NTI フォーマットのファイルを SnapGene で開く方法をご紹介します。

1. 背景

Vector NTIはバイオインフォマティクスソフトウェアパッケージでしたが、2019 年末に販売が終わり、そのサポートも2020年末に終了しました。SnapGeneでは、Vector NTI で 作成されたファイルを読み込むことができるので、プラスミドマップやペプチド情報などをそのままご利用いただけます。

Vector NTI

2. Vecotor NTIフォーマットのファイルの読み込み

SnapGeneを開き、「インポート」から「ベクターNTI® データベース(V)」へと進みます。

Vector NTIをSnapGeneで開く_SnapGeneスタートダイアログ

ベクターNTI のデータベースファイルを指定し、データベース名(今回は “Imported Database” )を入力します。次に、それを保存する場所を指定してインポートをクリックします。

Vector NTIデータベースをSnapGeneにインポート

インポートが完了すると、データベースが開きます。

SnapGeneにVector NTIデータベースをインポート

2-1. データベースの使い方

左側にある「検索」をクリックすると、データベース中にあるDNAファイルを検索することができます。今回は フィーチャー名で “ccdB” を検索してみると、”ccdB” を有しているDNAファイルが一覧で出てきます。

SnapGeneデータベース検索

SnapGeneデータベース検索結果

「検索:」の横にある「交換」をクリックすると、画面下に新規タブが出てきます。例えば、「置換:」で「フィーチャー名」を選び、「以下用のDNAファイル検索結果を検索:」に “Amp(R)” と入力します。「以下と交換:」で “AmpR” とし、右下の「置換」をクリックすみると、”Amp(R)” を有しているDNAファイルで “AmpR” に置換するイメージが一覧で出てきます。 “OK” をクリックすみると、”Amp(R)” を “AmpR” に置換し始めます。

SnapGeneデータベース_置換

SnapGeneデータベース_置換完了画面

データベース中にタンパク質配列も含まれている場合は、ツールバーのドロップダウンリストから「タンパク質ファイル」を選ぶと確認することができます。

Vector NTIファイルをSnapGeneで開く_データベース

チュートリアルで紹介した機能や操作方法に関するお問い合わせはお問合せフォームよりお願いします。