メディカル・ライフサイエンス分野の研究支援ソリューション

エムデーエフではメディカルサイエンス、バイオサイエンスの研究分野で利用されるソフトウェアを扱っています。製品だけはなくサポートを一緒に提供し、ユーザーの皆さまに製品を活用いただけるように努めています。

商品案内

商品購入後もユーザの皆様にご満足頂けるように、購入製品に対する無期限・無償サポートを行なっています。各種商品に付属するサポートに関しましては、ラーニング&サポートページをご参照下さい。

医療統計ソフト:GraphPad Prism

医療統計&グラフ作成ソフトPrism

GraphPad Prism (グラフパッド プリズム)は、医学・生物・薬学分野に従事する研究者のための医療統計ソフトウェアです。

商品ページ 製品カタログ

GraphPad Prism日本語アドオン

Prismアドオンロゴ

Prism日本語アドオンは、GraphPad Prism9に日本語表示機能を追加するソフトウェアです(Mac版は各ガイド部分のみを日本語で表示します)。

商品ページ 製品カタログ

臨床統計ソフト:nQuery

臨床統計ソフトnQuery

nQuery(エヌクエリ)は、サンプルサイズ設計や検出力計算など臨床統計および臨床デザインにフォーカスしたソフトウェアです。

商品ページ 製品カタログ

遺伝子工学実験支援ソフト:SnapGene

SnapGene-遺伝子工学実験支援

SnapGene(スナップジーン)は、分子クローニング手順の設計・視覚化・ドキュメント化を支援する分子生物学ソフトウェアです。

商品ページ 製品カタログ

バイオインフォマティクス解析ソフト:Geneious Prime

Geneious

Geneious Prime(ジーニアス プライム)は、パワフルな配列解析機能を備えたバイオインフォマティクスソフトウェアです。

商品ページ 製品カタログ

SnapGene と Geneious の違いについて

Snapgeneは、クローニング実験やプラスミドなどのDNA断片の視覚化をサポートします。

Geneiousは、次世代シークエンサーデータの処理と解析を行います。SnapGene のような視覚化機能もありますが、それがメインではありません。

一般に分子クローニング作業にはSnapGeneが利用され、NGSのようなハイスループットシークエンシングを扱う必要があったり、微生物ゲノムで作業する場合は Geneious Prime が利用されます。

アカデミック版について

製品によりアカデミック版の対象と判断の基準が異なりますのでご注意下さい。

GraphPad Prism アカデミック版

アカデミック対象は、学位・称号を授与できる教育機関、大学附属病院、大学共同利用機関法人、特定非営利活動法人などのNPO団体です。国立研究開発法人、独立行政法人、公益財団法人はアカデミック対象とはなりません

アカデミック対象の判断は、使用するユーザー個人の所属先が基準となります。客員教授/研究員として大学に在籍されていれば、一般企業と兼任されている場合でもアカデミック版の対象となります。グループサブスクリプションの場合は、GraphPad Prismを使用する機関・団体(請求先情報)が基準となります。

nQuery アカデミック版

アカデミック対象は、学位・称号を授与できる教育機関、大学附属病院、大学共同利用機関法人、国立研究開発法人、独立行政法人、公益財団法人、地方公営企業、特定非営利活動法人などのNPO団体です。

アカデミック対象の判断は、使用するユーザー個人の所属先が基準となります。客員教授/研究員として大学に在籍されていれば、一般企業と兼任されている場合でもアカデミック版の対象となります。

SnapGene アカデミック版

アカデミック対象は、学位・称号を授与できる教育機関、大学附属病院、大学共同利用機関法人、国立研究開発法人、独立行政法人、公益財団法人、地方公営企業、特定非営利活動法人などのNPO団体です。

アカデミック対象の判断は、ユーザー個人単位ではなく、SnapGeneを使用する機関・団体(請求先情報)が基準となります。使用者に教育機関に所属される方を含む場合でも、請求先が民間企業の場合は一般向け価格となります。

Geneious Primeアカデミック版

アカデミック対象は、学位・称号を授与できる教育機関、大学附属病院、大学共同利用機関法人、国立研究開発法人、独立行政法人、公益財団法人、地方公営企業、特定非営利活動法人などのNPO団体です。

アカデミック対象の判断は、使用するユーザー個人の所属先が基準となります。客員教授/研究員として大学に在籍されていれば、一般企業と兼任されている場合でもアカデミック版の対象となります。グループライセンスの場合は、Geneious Primeを使用する機関・団体(請求先情報)が基準となります。